大学編入の合否を決める教授陣にぶっ刺さる!志望理由書の最強戦略

大学編入で教授に刺さる志望理由書の戦略

こんにちは!
先日2021年度 名古屋大学情報学部自然情報学科の編入学試験に合格した鳥貴士です!

自分は昨年神戸大学・大阪大学・京都大学の経済学部編入試験を受験し、全落ちしました。
大阪大学は筆記試験は通りましたが、面接試験で落ちました。
そこで編入浪人をすることを決意し、大学の勉強やインターンをやりつつ、完全に独学で名古屋大学に合格しました。

今年はコロナウイルスの流行もあって、京都大学経済学部が口頭試問になったり、神戸大学でTOEICが不要になるなどの変更が行われました。 そのような過去に例をみない入試形態の変化のもとで、面接試験や志望理由書が合否を決める割合は、以前より高くなっています。

編入学試験の入試形態は大学によって異なり

・志望理由書のみを課す大学
・志望理由書と面接・口頭試問両方をを課す大学

の2種類があります。
本記事は以前は志望理由書と面接両方の対策を1つの記事に集約していました。
しかし前者のような大学もあることから記事を「志望理由書編」と「面接・口頭試問編」の2種類に分割し、お求めやすくしました。

受験生の中には志望理由書や面接を軽んじる向きもありますが、そのような人と実力が同程度だった場合、合否を決めるのはこれらを重んじた人です。
これらを軽視するのは。自ら合格を遠ざけているようなものです。

自分のバックグラウンドが皆さんと大きく異なることは理解していますが、それはただ戦術という枝葉が異なるだけの話です。
戦略という幹があれば、自身にあった戦術を考えることはそう難しくはありません。

この記事は高額な塾の営業や単なるサンプルの羅列ではなく、あなたのバックグラウンドに合った戦術を考えるための戦略を提供します。

またこの記事の購入者に限り、希望する場合には何回でも志望理由書の相談、アドバイス、添削を承ります。
交通費(東京23区以外)とお茶代だけ出してもらえれば対面で、オンラインならzoomで行います。
アドバイスや添削に関しては最大限尽力しますが、各自自己責任でご利用ください。

本記事に関しては返金対応を受け付けています。
もし購入した後に内容に不満があって返金して欲しいという場合は、TwitterのDMにてご連絡ください。
対応する額のamazonギフト券を補填します。

この記事の価値は?

・合格した名古屋大学に実際に提出した志望理由書を見ることができます
・合格者が何を考え、どのように志望理由書を作ったのかが、実例と共にわかります
・刺さる志望理由書を書くスキルは汎用的なので、編入試験だけでなくインターンや就活・院試でも役立ちます

目次

志望理由書
1. 実際の志望理由書
    1.1 合格した名古屋大学情報学部自然情報学科に提出したもの
    1.2 不合格だった神戸大学・大阪大学経済学部に提出したもの

2. そもそもなぜ志望理由書の提出を求めるのか
3. 合格する志望理由書が押さえている6つのポイント

4. 志望理由書を書くためのステップとポイント
    4.1 名古屋大学の志望理由書を書き上げるまでの7ステップ
    4.2 名古屋大学の志望理由書からみる、6つのポイントの具体的な応用方法

それでは始めていきましょう。...
このコンテンツの残り文字数 約13418文字
この続きは 「大学編入の合否を決める教授陣にぶっ刺さる!志望理由書の最強戦略」 をご購入いただくと閲覧できます。

このコンテンツはご購入後、閲覧いただけます。

  • 「大学編入の合否を決める教授陣にぶっ刺さる!志望理由書の戦略」の有料パート
  • 無制限に志望理由書の相談・アドバイス・添削を受ける権利(TwitterのDMから記事購入時のメールアドレスを添えてお送りください)
  • その他にも実地(お茶代と東京23区以外では交通費の負担をお願いします)またはzoomで編入などの相談をする権利
  • 本記事について返金対応可能

価格 2,500円(税込)


すでに購入されていますか?
決済はStripeを通して安全に処理されます。当サイトではクレジットカード情報を一切保持しません。

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。