【未規制】記憶・処理能力が上がるスマートドラッグを安全に入手する方法

スマートドラッグ

高校時代から持っている闇のネタで、絶対書きたくない話の一つなのですが金融事故を起こしそうなので放出することにしました。
中身はきちんと書きましたが広まって欲しくないので、ある程度売れたら消します。

まず皆さんはスマートドラッグをご存じでしょうか。

スマートドラッグとは、ざっくりと言えば頭のよくなる薬です。
頭がよくなるとは具体的に、長期記憶の能力が上がったり、集中力が向上したり、タスクの処理能力が高まることです。

スマートドラッグを勉強の前に飲むことで、頭の回転を速くしつつ、学習内容を脳に定着させやすくできます。
そのため勉強の効率を大幅に上げることができます。
自分は地頭は全く良くなかったので、高校時代からここぞという時に使っていました。

体験談としては、高3の7月半ばに文転を決め、8月後半の全統記述模試で地理と世界史を両方受けることになり、
1ヶ月の間に地理と世界史を一気にねじ込むことになりましたが、8月の模試では2つの科目で偏差値65をマークしました。
最終的には世界史地理がセンター試験での得点率上位2科目(ともに9割台)になっていました。

他にもTOEFL iBTやTOEIC、編入学試験の勉強の時にも使い、短期間に一気に試験範囲の内容を詰め込むことによって、 私立文系学生ながらも名古屋大学情報学部に理転編入をすることができました。

この話自体は、ゼロサムな椅子取りゲームにおいて、自分だけが有利になるため仲の良い友人にしか教えていませんでした。
そんな中で数名の友人が購入して実際に使い、

・学部3年で国家総合職試験の一次を突破
・旧帝大の院試に合格

など、人生の重要な分岐点で結果を出してきました。
もちろん彼らは薬なしでも優秀なのですが、その合格確率を高めることに寄与したことは否定できないでしょう。

1. スマートドラッグの定義

スマートドラッグの定義はあいまいなので、その中には向精神薬のメチルフェニデート(リタリン)や覚せい剤のアンフェタミン
(アデロール, コンサータ)、モダフィニルなどもスマートドラッグの一種として扱われることがあります。
またネット上を見てみると
このページや
や、このページ
のように、サプリメントをスマートドラッグとして扱っている例が多いです。

そこで、定義の曖昧なスマートドラッグについて、明確な定義を与えます。
まずベースとなる定義は5chのスマドラスレから引っ張ってきます。
[スマートドラッグとは何でしょうか?]
 要するに「頭のよくなる薬やサプリメント」なんですが、以下の3条件を全て満たすものを言います。
 1.用法を守れば、即死するような危険性がないこと。(安全性)
 2.副作用が出ても、服用を中止すれば元に戻ること。(可逆性)
 3.QOL(Quality of Life:生活の質)が向上すること。
 スマートドラッグ、もしくはスマドラと略されて呼ばれるのが通常です。
英語圏では"Smart drugs"の他、医薬品やサプリメントなどを含め"Nootropics"と呼ばれる。

本ページでは、単なるサプリメントでも医薬品のうちの向精神薬でもなく、なおかつ購入が可能なものという定義を上記に加えます。

そのため本ページでは
・安全で
・可逆で(依存性などが低く)
・QOLが上がり(効果があり)
・覚せい剤でも精神薬でもサプリメントでもなく
・購入が可能である

スマートドラッグを、実体験を交えながら、どのように入手すればよいかを解説します。
また今後別の薬を使うにあたって、何をどう調べればよいのかを解説します。

2. スマートドラッグへの風当たり

スマートドラッグへの風当たりは米国で流行した後も根強く、本家米国でも社会問題の1つとしてカウントされています。
この文脈で、スマートドラッグは「こうしたスマートドラッグを使って能力向上を図ることそのものが公正なのかどうか」という問題を はらんでいると指摘されています。
これは、スマートドラッグには安価なものもあり誰でも利用できるため、勉強前にコーヒーを飲むことと違いはありません。

しかしお国はそうは考えてはいないようで、2019年1月からは一部のスマートドラッグの個人輸入が禁止されました。
この規制は公平性よりも安全性という観点から行われています。
したがって現状はスマートドラッグに対する風当たりが非常に強く、もし国に捕捉された場合は規制される可能性があります。

3. スマートドラッグの正しい飲み方

スマートドラッグと聞くと、いつも遊んでばかりしている人が勉強時間を最小限にするために使うというイメージを持たれると思います。
事実、自分は高校時代の最初の頃にはそのような使い方をしていましたが、それは正しくありません。

スマートドラッグは勉強の効果を高めるものですから、勉強の絶対的な量が不足していれば全く結果は出ません。
あくまでも努力している人が、その努力の効果を高めるために使うものです。

また不摂生・不健康な人もスマートドラッグを使うのは向いていないです。
睡眠時間が短い人、ご飯をきちんと食べない人、全く運動をせず寝てばかりの人は、スマートドラッグを使う前にこうした生活習慣を改善する方が先決です。
健康状態を整えて、努力をして、その上ではじめてスマートドラッグが活きてきます。

この記事を読むべき人は、大事な仕事や試験で失敗したくない人で、なおかつスマートドラッグを使うリスクを取れる人です。

スマートドラッグのリスクとは具体的に、詐欺サイトから偽物を購入してしまうことと、薬の副作用です。
この記事では、リスクを最小限にするためには何をすればよいのかも書きますが、リスクを完全に0にすることは不可能なのでその点のみご了承ください。

この記事について

この記事は有料記事です。有料にした理由は単純で、いまお金がないからです。
もしお金があったらこの記事は書いておらず、国に補足されることのないように細々と使っていたでしょう。
この記事を公開するにあたっての一番のリスクは、規制されて輸入が難しくなることです。

いまは背に腹は代えられない、やむをえないという状態で書いているため、この記事がある程度の部数で売れたら販売を中止します。

ここで紹介しているのスマートドラッグは、国の規制を掻い潜った、地味だけれども効果はあるものです。
特に何部売れたら消すという上限は設けていませんが、気分で消します。(削除後も購入者は読めます)
もしこの記事を読みたいと思ったら、即購入されることをおすすめします。

目次

1. スマートドラッグの定義
2. スマートドラッグへの風当たり
3. スマートドラッグの正しい飲み方
4. おすすめのスマートドラッグとその入手方法
5. 信用できる買い付け先とその探し方

4. おすすめのスマートドラッグとその入手方法

順番はおすすめ度で並んでいます。
効果には個人差がありますが、自分には効果が出にくかったものも、友人は絶賛しているという状況もあり得ます。
自分に合ったものを探すことをおすすめします。
それでは早速見ていきましょう。
...
このコンテンツの残り文字数 約4684文字
この続きは 「記憶力・処理能力が上がる安全なスマートドラッグを入手する方法」 をご購入いただくと閲覧できます。

このコンテンツはご購入後、閲覧いただけます。

本有料記事は「記憶力・処理能力が上がる安全なスマートドラッグを入手する方法」を読む権利がついています。 商品の特性上、購入後の返品は不可能です。何卒ご了承ください。

価格 9,980円(税込)


すでに購入されていますか?
決済はStripeを通して安全に処理されます。当サイトではクレジットカード情報を一切保持しません。

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。