ギャンブルは科学で倒す!「完全無欠の賭け 科学がギャンブルを征服する」がおすすめな理由【書評・感想】

完全無欠の賭け 科学がギャンブルを征服する

こんにちは!鳥貴士です!
今回は「完全無欠の賭け 科学がギャンブルを征服する」をおすすめします!

本書では、一見予測不可能に見えるギャンブルで、どのように必勝法が編み出されたのか。
そして逆に、ギャンブルが科学の発展に与えた強大な影響について明かされています!

本書を一言で表すなら「科学的ギャンブル必勝法」ですね!

章立て

第1章 ルーレットは本当に予測不能か

第2章 宝くじの抜け穴につけ込む

第3章 競馬必勝法と水爆開発

第4章 スポーツベッティングへの進出

第5章 ギャンブル市場をロボットが牛耳る?

第6章 ゲーム理論でポーカー大会を制覇

第7章 ボットで人間に挑む

第8章 ギャンブルの科学の新時代

どうしておすすめなのか?

  • 一見胴元が絶対に勝つように見えるギャンブルでも、必勝法を科学的に編み出すことができることを明らかにしている
  • ギャンブルが、実は資産の防衛に役立つと言える理由がわかる
  • ギャンブルに使える科学的手法は、確率だけではないことがわかる

などなど、ギャンブルの一般常識を思いっきり覆してくれます!そしてギャンブルについて以前とは違った見方ができるようになります。他にも

  • 科学の使い方が、ギャンブルという面白い例を通じて理解できる
  • ギャンブル必勝法が編み出されたら、胴元はどう行動するのかよくわかる
  • 古今東西の有名な学者がどのようにギャンブルと関わり、そしてどのように科学を進歩させてきたかがわかる

というように、人にドヤ顔で語れる豆知識も得られます笑

どんな人におすすめ?

本書は科学を通じてギャンブルを攻略しよう!という趣旨の本なので、

  • 学校の勉強がなんの役に立つのかわからない学生
  • 大学でやっている勉強をどのように面白く生かすのかを知りたい大学生
  • 知的好奇心の旺盛な社会人

におすすめします!

学校の勉強がなんの役に立つのかわからない学生

中学や高校では、確率,期待値,統計や集合と論理などの数学をなぜ勉強するのか、さっぱりわからないということがよくあります。

しかし本書を読むことで、今やっている自分の勉強が将来的にどのように役に立って来るのかを垣間見ることができるようになります!

高校生であれば、期待値の考え方は簡単に理解することができると思います。
しかし、授業の例だとおそらく日本の宝くじの例しか扱わず、しかも絶対に勝てないようになっていることしか教えられないと思います。
世界はそんな狭くないです。

世の中にはなんと、期待収益がプラスになるような宝くじがあったのです(例で挙げられているものは今はありませんが)
それを使って大儲けしたという嘘のような本当の話が本書に書かれています。

特に確率や統計の分野を退屈に感じている皆さんにとって、面白いと感じること請け合いです!

大学でやっている勉強をどのように面白く生かすのかを知りたい大学生

大学でやっている勉強が何に活かせるのかはなんとなーくわかった。
だけどもっと面白い使い道が知りたい!という大学生でも本書は刺激になると思います!

特に理工系の学生と経済学に興味のある学生は必読です。

理工系学生であればギャンブルの中でも、とりわけルーレットの攻略法が面白いと感じると思います。
物理学でルーレットを攻略してやろうという内容です。

他にも物理学者が競馬の必勝法を編み出した話も面白おかしく読めると思います!

経済学に興味のある学生には何と言ってもポーカーボットの章は非常に面白いと思います!

世界最強のポーカーボットは、なんとミクロ経済学で習うゲーム理論をふんだんに使って勝負を仕掛けるのです!
ゲーム理論はただでさえ面白い分野な上に、ギャンブルで使われているとなると、どのように活かされているのか気になりますよね!

そんな面白い話が大好きな大学生にもおすすめできる本となっています!

知的好奇心の旺盛な社会人

本書は知的好奇心の旺盛な社会人にとっても面白い内容になっています!

ギャンブルを科学的に勝てるゲームに持っていく方法が書かれていますが、決して複雑な数式が出て来る訳ではありません
どちらかというと、必勝法がなぜ生まれたのかという背景や、著名な学者がギャンブルに熱中し、科学を進歩させてきたという科学史の方面の記述も多いです!

そのため本書も気楽に読むことができ、ギャンブルが科学を進歩させてきたという意外な事実について知ることができるのでおすすめです!

読んでみたくなりましたか?

ぜひ買ってみてください!

 

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。