Surface Book 2がubuntuとのdual bootで激熱になる問題の対処法

ubuntuをSurface book 2で使うとCPUが高温になる

ubuntuをSurface book 2に入れたよ系のネタは

これらに任せるとして、今回扱うのは表題の通り、デュアルブートでubuntuを立ち上げたときにCPUが異常に熱くなる問題です。

上の記事書いてる人は熱くならなかったのかなあ。
それともそこまで使ってないから気にならなかったのか。

自分の場合はモニターが焼けてしまって黄色く変色してしまった箇所があります。
まぁそんな困らないからいいんですけどね。

なんで熱くなるの?

端的にまとめるとカーネルに問題があったからです。
そこでこの記事では、カーネルをアップデートする方法を解説していきます。

環境

Surface Book 2 機体情報

Ubuntu 18.04

カーネルバージョン:4.15

CPU1だけ使用率が突出しているという不均衡な状態になっていますね。

ドライバー

このrepoのREADMEに沿ってやっていきます。

まずは必要なツール群のインストールです。

$ sudo apt-get install git curl wget sed

 

すでにインストール済みでしたね。
続いてgit cloneしてこのリポジトリからファイルをダウンロードします。

git clone --depth 1 https://github.com/jakeday/linux-surface.git ~/linux-surface

git cloneを終えたらsetup.shを起動します。

$ cd ~/linux-surface
$ sudo sh setup.sh

コマンドを実行すると色々聞かれるのでお好みで。
一番重要なのはここです。

Do you want this script to download and install the latest kernel for you?

にはyesと答えてください。

インストールが成功するとこのような表示が出るので再起動します。

再起動をしてバージョンとCPU使用率を確認してみると

カーネルのインストールはOK!
CPU使用率も正常になった!

触ってみても激熱にはなっていません!
ようやくまともにデュアルブートubuntuが使えるよ….!

 

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。